宅配・デリバリー求人NAVI

デリバリー求人を探すなら!

希望の求人に合格する志望動機の書き方

志望動機はどう書けばいい?

デリバリースタッフとしてバイトをするためには、面接に合格することが必要です。そしてその際は、「志望動機」を聞かれます。デリバリースタッフとして働くためにふさわしい志望動機を事前に知っておけば、当日の面接で質問にきちんと答えることができます。

Pocket

「バイクが好き」は強みになる

デリバリースタッフの仕事は、注文された商品をバイクに乗り配達をすることです。実際にデリバリースタッフを志望する人の多くが、バイクが好きでバイクに日常的に乗っているのではないでしょうか。デリバリースタッフとして働き始めると、仕事中ずっとバイクに乗り続けることができます。バイクでのツーリングを趣味にしている人は、バイクに乗ることを仕事にしたいと考えるのは当然です。採用側としても「バイクが好き」という理由は、十分納得ができる志望動機になります。
またバイクに乗り慣れている人のほうが時間内にスムーズに配達をしてくれるイメージがありますし、事故を起こすリスクも低そうです。そのため「バイクに乗るのが趣味ですので、好きなバイクに仕事でも乗れたら幸せだと思い、デリバリースタッフに応募をしました」という志望動機はありです。

通勤がしやすいという理由

デリバリースタッフの面接で志望動機を聞かれた時に、「家から近くなので」という返答は間違っているでしょうか?採用側からすると、店舗から近いほうが通いやすいので遅刻をしにくいと考えます。仮に遅刻をしても、呼び出しを掛ければ短時間で出勤可能です。また他のバイトが急に休みになった時も、近所にデリバリースタッフが住んでいれば代理のバイトを頼みやすいはずです。さらに店舗周辺に住んでいるということは、店舗周辺の地理に詳しいことの証拠になります。デリバリースタッフにとって、土地勘があることは大きなメリットです。このように家が近いという志望動機は、採用側としてもメリットが多く、十分に通用するものです。

応募先の飲食店が好きという理由

デリバリースタッフとして面接に応募をする場合でも、「好きな飲食店で働きたい」という志望動機を持っている人もいるでしょう。ピザ屋、寿司屋、弁当屋、ファミレスなど、応募先の飲食店に魅力を感じてバイトに応募をすることも自然なことです。同じ配達をするのでも、大好きなお店の料理のほうがハンドルを握る手に力が入るものです。またデリバリー専門店以外では、デリバリースタッフはキッチンスタッフやホールスタッフを兼任することもあります。採用側はキッチンスタッフやホールスタッフが手薄な時には、代わりをしてくれるという期待を持つこともできます。このような点からも、応募先の飲食店のファンだから働きたいという志望動機は説得力があり有効な返答でしょう。

志望動機はどう書けばいい?

こちらもオススメです!

  • <ピザ屋>

    ピザ屋はデリバリースタッフに応募をしたい人が、第一に考えるバイト先ではないでしょうか。ピザ屋の仕事は、店内で仕事をするインストアスタッフと配達を担当するデリバリースタッフに分かれます。ピザ屋は比較的、注文から配達されるまでの時間が短いイメージをお客さんは持っています。そのためデリバリースタッフは安全を第一にしながら、なるべく早い時間でお客さんの元へピザを届ける必要があります。店舗周辺の地図を読み込み、スムーズに配達ができるようにしましょう。

  • <寿司屋>

    最近はデリバリー専門の寿司屋が増えています。そのためデリバリースタッフの需要は高く求人数も多くなっています。デリバリー専門の寿司屋の多くは、専門の寿司を作る機械を導入しているため、寿司職人が寿司を握っているわけではありません。チェーン店は寿司の品質をどの店舗でも均一にする必要があるためです。デリバリースタッフは寿司を綺麗な状態でお客さんに届けることが大切です。スピーディに、そして丁寧にバイクを運転するようにしましょう。

バイトするなら!

飲食系の宅配・デリバリー関連の求人に関するお役立ち情報を紹介するサイトです。※お問い合わせ→<<メールフォーム>>

NEWS

  • 志望動機はどう書けばいい?

    希望のデリバリー求人を見つけたら、さっそく応募してみましょう。書類選考や面接で重視される志望動機のポイントを紹介します。

  • やっぱり清潔感が大事

    宅配・デリバリースタッフは外で働く仕事ですが、あくまでも飲食店のスタッフですから清潔感はとても重要です。